早瀬沈下橋(はやせちんかばし)

名称:早瀬橋(はやせばし)/早瀬の丸太橋/早瀬一本橋 ※沈下橋の原型

沈下橋の原型とも言われている、丸太で作られた沈下橋。素朴な木橋のため、人しか通ることが出来ない。

この沈下橋は、大水の際には流されてしまうが、それぞれはワイヤーで繋がれており、水が引いた後に手繰り寄せ、再び石積みの橋脚上に乗せて復旧する。流れに逆らわない、「沈下橋の原型」とも言える沈下橋となっている。

平成14年11月10日に、木橋が架け替えられた。

外観

DSCF9147 DSCF9148 DSCF9149

アクセスマップ(位置情報)

橋梁データ

管理社名 芳生野百石会計
所在市町村・字名 津野町芳生野
架橋年度
路線名
横断する河川名 四万十川 本川 第1次支川北川川
周辺環境 地勢 急峻
水流 普通
水質
通行 人のみ
文化財登録の有無
重要文化財における重要構成要素 該当
代替橋の有無
過去5年間の修復
台帳 橋長 25.0m
幅員 0.65m
橋脚 本数
構造
形状
床版 厚さ
天端高 1.20m
形状
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です