第一三島沈下橋(だいいちみしまちんかばし)

名称:第一三島橋(だいいちみしまばし)

四万十川最大の中洲である三島を結ぶ沈下橋。国道381号線側が第一三島橋、対岸の轟集落側が第二三島橋となっている。

中州は水田として利用されており、以前は渡し船で往来していたが、沈下橋の完成後は農作業に関わる利便性が大きく向上した。

中州にはキャンプ場もあり、夏季はキャンプ客等で大きな賑わいを見せている。

アクセスマップ(位置情報)

橋梁データ

管理社名 四万十町長
所在市町村・字名 四万十町昭和
架橋年度 昭和41年
路線名 町道昭和戸口線
横断する河川名 四万十川 本川
周辺環境 地勢 山地
水流 普通
水質 普通
通行 普通車通行可
文化財登録の有無
重要文化財における重要構成要素 該当
代替橋の有無 無し
過去5年間の修復
台帳 橋長 77.0m
幅員 3.3m
橋脚 本数 5.0本
構造 鉄筋コンクリート
形状 直方体
床版 厚さ 50.0cm
天端高 10.0cm
形状 直方体
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です