白王沈下橋(しらおうちんかばし)

名称:白王橋(しらおうばし) 通称:松ヶ谷沈下橋(まつがたにちんかばし)

四万十川の支流である黒尊川は、高知県と愛媛県の県境である「三本杭」から発する河川で、貴重な原生林などの豊かな自然の中を流れる清流となっている。川の透明度も非常に高い。

白王沈下橋は、この様な自然の風景に違和感無く溶け込んでおり、地元住民の貴重な生活道としてだけでなく、旅人の心も癒し続けている。

アクセスマップ(位置情報)

橋梁データ

管理社名 四万十市長
所在市町村・字名 四万十市西土佐玖本
架橋年度 昭和42年
路線名 農道白王線
横断する河川名 四万十川 第1次支川黒尊川
周辺環境 地勢 急峻
水流 普通
水質
通行 普通車通行可能
文化財登録の有無
重要文化財における重要構成要素 該当
代替橋の有無 無し
過去5年間の修復
台帳 橋長 20.8m
幅員 2.0m
橋脚 本数 1.0本
構造 鉄筋コンクリート
形状 直方体
床版 厚さ 50.0cm
天端高 10.0cm
形状 直方体
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です