中古屋沈下橋(なかごやちんかばし)

名称:中古屋橋(なかごやばし)

国道から対岸の集落に渡る沈下橋。現在は国道改良工事、及び下流に永久橋が架設されたことにより、歩道、二輪車道として利用されている。

アクセスマップ(位置情報)

橋梁データ

管理社名 梼原町長
所在市町村・字名 梼原町後別当
架橋年度 昭和34年
路線名 町道後別当姥ヶ滝線
横断する河川名 四万十川 第1次支川梼原川
周辺環境 地勢 急峻
水流 普通
水質
通行 普通車通行可能
文化財登録の有無
重要文化財における重要構成要素 該当
代替橋の有無 有り
過去5年間の修復
台帳 橋長 30.0m
幅員 2.8m
橋脚 本数 4.0本
構造 鉄筋コンクリート
形状 直方体
床版 厚さ 30.0cm
天端高 10.0cm
形状 直方体
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です